Category Archives: 未分類

人工歯の中でもインプラント治療はほとんど保険が

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。
こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。